\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

50代からプログラマーになった人はいる?初心者がプログラミングを学ぶ方法は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
50代からプログラマーになった人はいる?初心者がプログラミングを学ぶ方法は?

50代からプログラマーになった人はいるのでしょうか。

新型コロナウィルスの感染拡大による収入減少や、働き方改革の一環で副業をしたいと考えている50代の人も多いかと思います。

未来

副業でこれから需要が高まる業界といえば、やっぱりIT業界ですよね。

そのため、最近は50代からプログラマーになりたいと思ってる人も多いみたいです。

そこで気になるのが、50代からプログラマーになった人はいるのか?ということですよね。

今回は、50代からプログラマーになった人はいるのか、またプログラマーになるためにはどんな勉強をすれば良いか?についてご紹介したいと思います。

目次

50代からプログラマーになった人はいる?

50代になり、新しいことを始めようと考えている人も多いと思います。

手に職を付けることを考えると、プログラマーを候補としてあげている方もきっといますよね。

そこで気になるのが、50代からプログラマーになれるのかということ。

未来

IT業界で30年以上システムエンジニアとして働いていた方にお話を聞いてみました!

その方のお話によりますと、たしかに50代からプログラマーになる方の人数は少ないですが、50代からプログラマーになった人は実際にいたということです。

実際に50代からプログラマーになった人がいるなら、自分もなれる可能性は十分にありますね♪

ただ、20代・30代の若い世代の方に比べると、50代は正直プログラマーとして働くのは難しい面もあるんです。

プログラマーに向いている人

では、プログラマーに向いている人はどういうタイプの人なのでしょうか?

プログラマーに向いている人は以下のタイプの人です。

  • 新しいことを学習することに抵抗がない人
  • 気分転換ができる人
  • 体力がある人
  • 分からないことを自分で調べたり、人に聞くことが苦にならない人
  • 論理的な思考能力を持っている人
  • 規則やルールを守れる人
  • ものの考え方が柔軟である人
  • 集中力がある人

それぞれの適性について、具体的にみていきますね♪

IT業界では、技術の発展が日進月歩となっています。そういったことから、常に新しい技術について貪欲に吸収することが求められます。

未来

そのため、新しいことを学習することに抵抗があるとプログラマーになるのは厳しいです。

次にシステム開発は、よくスケジュールがタイトになるものです。

特に開発が佳境に入ったり何らかのトラブルが発生したときには、残業や休日出勤などして対応する必要もでてきます。そのため、ある程度の体力も求められます

またプログラムは、論理的な構造となっています。

そのため、プログラミングをするためには、論理的な思考能力が必要不可欠です。さらにプログラムは規則やルールによって成り立っていることから、これらのスキルも必須となります。

プログラミング作業は、基本的に一日中パソコンに向かって作業を行いますので、一定の集中力も必要です。

未来

プログラミングしたものが、上手く動かなかったりすることも日常茶飯事です。

そのため、分からないことを自分で調べたり人に聞く能力も重要となります。

問題が発生した場合には、その解決のために気分転換や柔軟な思考力も必要となってくるんです。

50代でプログラマーになるために必要なスキル

ここでは、50代でプログラマーになるために必要となるスキルをご紹介します。

まず50代でプログラマーになるには「基本的なITリテラシー」が必要です。

未来

最低限、パソコンの操作方法やインターネットの利用方法などは事前に習得しておきましょう!

さらに「モチベーションの維持」も必要になってきます。

50代になってくると、新たなことを学習する意欲が低下し、また頭の回転も鈍くなってしまいます。

それらを克服するためには、”絶対プログラマーになる”というモチベーションを維持することが必要となります。

  • 基本的なITリテラシー
  • モチベーションの維持

この2つは必ず持っておきたいスキルですね♪

初心者がプログラミングを学ぶおすすめの方法は?

それでは、初心者がプログラミングを学ぶためのおすすめの方法を紹介していきます。

勉強方法は大きくわけて2つあります。

  • プログラミングスクールを利用する
  • 独学で勉強する

それぞれメリット・デメリットがありますが、私がおすすめしたいのは「プログラミングスクールを利用する」です。

理由はいくつかありますが、主な理由は以下の4点です。

  • 同じ目標を持つ仲間がいるためモチベーション(やる気)が低下しない
  • 分からないことがあった場合も、聞くことが簡単にできる
  • 必要なスキルを短期間で習得できる
  • 毎日通学するため勉強が習慣化する

1番のメリットは「分からないことがあってもすぐ聞ける環境があること」。

独学だと分からないことがあった場合、自分で調べないといけません。

それは大幅に時間もロスしますし、誤ったスキルが身に付いてしまう可能性もあります。

未来

やはり遠回りせずプログラミングスキルを身に付けるなら、プログラミングスクールは利用するべきです!

一方「プログラミングスクールを利用する」際の最大のデメリットは、やはり高額な費用です。

プログラミングスクールの受講料は、平均すると数十万円ぐらいになってしまいます。

でもプログラミングスクールの受講はデメリットの何倍ものメリットがあると思いますので、やはりプログラミングスクールの利用が1番おすすめです。

50代におすすめのプログラミングスクールだけ厳選しました!

>>>50代プログラミングスクールおすすめ6選を徹底比較!

まとめ:50代からプログラマーになった人はいる?初心者がプログラミングを学ぶ方法は?

今回は、50代からプログラマーになった人はいるのか?プログラマーになるために必要となるスキルやおすすめの勉強方法は何か?について、ご紹介しました。

50代からプログラマーになることは可能です。

でも、現実的には若い人と比べると、その道のりはどうしても険しいものとなってしまいます。

未来

ただ、あきらめずに勉強すれば、きっとなれるはずですよ!

実際に50代からプログラマーになった方もいるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

目次