\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

プログラミングが稼げるのは嘘?副業未経験では難しい?

当ページのリンクには広告が含まれています。
プログラミングは副業未経験では難しい?稼げるのは嘘?

プログラミングが稼げるのは嘘なのでしょうか。

新型コロナウイルスの影響や働き方改革の推進によって自分の時間が増えたことにより、副業をしようと考えている方も多いと思います。

未来

副業として人気のある仕事として、プログラミングがよく挙げられます。

このプログラミングですが、「未経験では難しい」「稼げるのは嘘」といった声もよく聞きますが、本当なのでしょうか?

そこで今回は、

  • プログラミングが稼げるのは嘘?
  • プログラミングは副業未経験では難しい?
  • 副業で稼ぐために必要なスキル

こちらの3点について、詳しく解説していきたいと思います!

目次

プログラミングが稼げるのは嘘?

IT技術がどんどん進歩している現代において、プログラミングは欠かせません。

高度なスキルが求められるプログラミングの仕事は稼げるイメージが強いですが、一方で「プログラミングが稼げるのは噓」という噂も聞きます。

実際、プログラミングは稼げないのでしょうか?

未来

そんなことはありません!
副業でもプログラミングで大きく稼いでいる人はたくさんいますよ♪

ただし、未経験の場合は最初は大きく稼ぐことは難しいです。

既にプログラミングのスキルや経験がある人は、副業として稼ぐことは十分可能です!

その理由は、スキル保持者や経験者向けの案件の中にはかなり高額の案件もあるためです。

IT技術はどんどん進化しており、プログラマーの需要は常に大きいです。

そのため、スキルや経験が豊富なプログラマーは仕事を獲得しやすい傾向にあります。

未来

一方、プログラミング未経験者の場合は、最初は副業で稼ぐことは難しいといわれています。

プログラミングの案件は、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトにも多くありますが、一般的にクラウドソーシングサイトで発注されている案件は、報酬があまり高くありません。

プログラミングの仕事はどうしても経験者が優遇されやすいので、例え受注できる案件があっても報酬が低いことが多く、未経験者だと思うように稼げないと言われているんです。

そのため、プログラミング未経験者の場合は、

  • プログラミングをしっかり学ぶ
  • 最初は報酬が低い案件でも積極的に受けて経験を積む

この2つがとても大事です。

まずはプログラミングについてしっかり学びましょう。

本気でプログラミングを仕事にしたいなら、お金はかかってしまいますがプログラミングスクールを利用するのが最も手っ取り早いです。

未来

独学だとかなり時間がかかってしまい、効率が悪いです。

副業ならなおさら時間を無駄にしないためにも、プログラミングスクールの利用を検討してください。

今は完全オンラインで受けられるスクールも多いので、本業の合間に学習しやすいですよ♪

副業におすすめのプログラミングオンラインスクールを厳選して比較しましたので、ぜひ参考にご覧くださいね!

>>>副業におすすめのプログラミングオンラインスクール5選を徹底比較!

プログラミングスクールでプログラミングについてしっかり学んだら、あとはどんなに小さな案件でもいいので経験を積んでいきましょう。

最初は報酬が低く思うように稼げないかもしれませんが、経験を積んでいけば大きな案件を受注できるはずです!

未来

不安な方は就職支援があるプログラミングスクールを選ぶと良いですよ。

就職支援があるプログラミングスクールはこちらにまとめていますので、ぜひご覧くださいね。

>>>就職支援があるプログラミングスクール7選を徹底比較!

プログラミングは副業未経験では難しい?

先ほどもお伝えした通り、プログラミングは副業未経験では難しいです。

代表的な理由としては、以下の3点があります。

  • スキル取得に時間とお金がかなりかかる
  • 仕事の受注が難しい
  • 報酬が比較的安い

この3点について、それぞれ詳しくみていきたいと思います!

スキル取得に時間とお金がかなりかかる

1つ目の理由は、「スキル取得に時間とお金がかなりかかる」です。

プログラミング未経験者の場合、まずはプログラミングのスキルを学ばないと副業として仕事ができません。

プログラミングはコンピュータやプログラミング言語について、かなり広範囲かつ深く学ばないと仕事に生かすレベルにはなりません。

未来

そのためスキル習得に多大な時間がかかってしまいます。

また、プログラミングの勉強方法ですが、独学で学習することは難しいため、プログラミングのスクールなどに通う必要が出てきます。そのため、プログラミングを習得するためには、お金も結構かかることになります。

副業としてプログラミングを行うということは、本業が他にあるということになります。本業をやりながら、なおかつ新たにプログラミングの勉強を行っていくことは、物理的にも難しくなってしまいます。

仕事の受注が難しい

2つ目の理由は、「仕事の受注が難しい」です。

仕事を発注する側からすると、プログラミング未経験者に発注するよりも、スキルと経験がある人材に発注したいと考えます。そのため、未経験の場合は仕事を受注することが難しいといえます。

仕事を受注する方法として、クラウドソーシングの利用を考えている方もいるかと思います。

未来

クラウドソーシングにはプログラミングの案件は多くありますが、受注を考えている人も多くいるため、競争率が高くなることが少なくありません。

また、前述のとおり発注者側からすると、経験と実力がある応募者を採用する傾向が強いため、やはり未経験者では仕事を受注することが難しいといえます。

クラウドソーシングを利用しない方法としては、クライアントに直接営業をかける方法もあります。この方法の場合は、プログラミングのスキル以外にも、営業のスキルが必要となってきますので、未経験者にはハードルが高くなりそうです。

報酬が比較的安い

3つ目の理由は、「報酬が比較的安い」です。

プログラミング未経験者が運よく案件を受注できたとしても、未経験者向けの案件の報酬は低いことが多いものです。

そのため、プログラミング未経験者が副業としてプログラミングを行うことは、コストパフォーマンスがあまりよくないといえます。

副業で稼ぐために必要なスキル

プログラミングを副業として稼ぐために必要となるスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。

必要となるスキルは、大きく分けて以下の4点となります!

  • プログラミング(ハードウェア・ソフトウェアの知識含む)
  • 自己アピール力
  • ロジカルシンキング
  • 営業スキル

この4点について、それぞれ詳しく解説していきますね!

プログラミング(ハードウェア・ソフトウェアの知識含む)

1点目は「プログラミング」です。

プログラミングを副業として行うのですから、当然プログラミングのスキルは必須です。

合わせて、プログラミングを行うためには、コンピュータのハードウェア・ソフトウェアの知識も必要となってきます。そのため、これらのスキルを習得しておくのがおすすめです。

自己アピール力

2点目は「自己アピール力」です。

副業としてプログラミングを行っていくためには、仕事を受注する必要があります。

前述のとおり、条件が良ければ良い案件ほど、競争率が高いです。

そのため、多くの応募者の中から選ばれるためには、自分のスキルや魅力を発注者側にアピールしていく必要があります

そのため、自己アピール力が大切となります。

ロジカルシンキング

3点目は「ロジカルシンキング」です。

プログラミング言語を含めて、コンピュータの世界はロジック(論理)で成り立っているといえます。

そのため、プログラミングの仕事をしていくためには、論理的に考える力、つまりロジカルシンキングが重要となります。

営業スキル

4点目は「営業スキル」です。

副業として仕事を受注するためには、積極的に発注者に対して営業をかけていく必要があります

営業をかけるために必要となる具体的なスキルは、コミュニケーション能力やプレゼン能力といったものがあります。

これらのスキルについても習得しておくのがおすすめです。

まとめ:プログラミングが稼げるのは嘘?副業未経験では難しい?

今回は、プログラミングが稼げるのは嘘なのか紹介しました。

プログラミングは未経験者が副業として行っていくことは正直難しいです。

ですが、未経験からは始めて副業で稼いでいる人もたくさんいます!

未来

副業で始める方は時間を有効活用するためにも、オンラインスクールを利用してスキルを磨くことをおすすめします!

本業をやりながらでもプログラミングスキルを習得しやすいスクールはたくさんありますよ!

これからプログラミングを副業としてやっていこうと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね♪

>>>副業におすすめのプログラミングオンラインスクール5選を徹底比較!

目次