\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webデザインの副業は初心者でも稼げる?獲得できる案件は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webデザインの副業は初心者でも稼げる?獲得できる案件は?

Webデザインの副業は初心者でも稼げるのでしょうか。

パソコン1台で場所を選ばずに仕事ができるWebデザインは副業としても注目されています。

しかし、ネットでは「Webデザインは稼げない」「Webデザインの副業は難しい」などと言われているので、Webデザインを副業で始めようと考えている人は不安になりますよね。

未来

結論から言うと、Webデザインの副業は初心者でも稼ぐことは可能です!

今回は、初心者が獲得できる案件はどういうものがあるのか、また、Webデザインを副業で始めるメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

目次

Webデザインの副業は初心者でも稼げる?

近年、副業が解禁された企業が増えたことで、副業ブームとなっています。

そして、不特定多数の人に業務委託する「クラウドソーシングサービス」が登場したことで、一気に副業が拡大しているように思います。

Webデザインを副業で始めていきなり大きな金額を稼ぐことは難しいですが、クラウドソーシングサイトには初心者でも稼げる案件がたくさんあるので、初心者であっても副業で稼ぐことは可能です。

また、経済産業省が平成28年に公表した、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によると、IT需要が今後拡大する一方で、労働人口の減少が見込まれるため、IT人材の需要と供給の差は、需要が供給を上回り2030年には、最大約79万人拡大すると言われています。

参考:https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s02_00.pdf

人材は足りていないのに、クラウドソーシングサービスなどの環境が充実してきているため、「副業のハードルは低くなっている=初心者でも稼げる環境が整っている」と言えます。

副業で獲得できる案件は?

Webデザインの副業は初心者でも稼げるということが、お分かりいただけたかと思います。

でもWebデザインの副業でどんな案件が獲得できるのかわからないですよね。

こちらでは、副業で獲得できる案件をひとつひとつご紹介します。

  • バナー作成
  • ロゴ作成
  • コーディング
  • LP作成
  • Webサイト制作

①バナー作成

バナー作成はWebページ上で他のWebサイトを紹介する役割をもつ画像です。

未来

Webサイトを見ていると、よく特集やキャンペーン情報などの画像が設置されているかと思いますが、それがバナーです。

バナーは基本的にリンクされていて、リンク先には、同じWebサイト内のページであることもあれば、外部のWebサイトの場合もあります。

バナーは、制作時間も比較的短いのでWebデザインの初心者におすすめです。最初のうちは単価も安いですが、極めていけば単価も制作スピードが上がるので時給も上がっていきます。

バナーの役割は、見てほしいWebページを紹介してクリックしてもらうことです。

ですので、クリックしてもらうためにはユーザーに興味を持ってもらえるようなバナーでなければなりません。バナー設置のサイト上で目を引き、思わずクリックしたくなるものである必要があります。

※参考

単価:3千円〜5千円

作成時間:30分〜3時間

②ロゴ作成

会社を設立する際に必ずと言っていいほど必要になるのがロゴだと思います。

ロゴの歴史はとても古く、メソポタミア文明の円筒印章からはじまったと言われています。非常に歴史が深いという事がわかりますね。

現代では、企業のブランドイメージとして使用されたり、商品のパッケージなどに使用されています。

未来

ロゴはバナーよりもサイズが小さいですが、単価は高い傾向があります。

バナー制作同様に目を引くようなデザインである必要があります。

また、クライアントが会社や商品に込めた思いというものを聞き出すことがとても重要になってきます。

ロゴを作る上で重要なことは、以下のようなことです。

  • ペルソナ設定する
  • ブランディングを意識する
  • 拡大・縮小しても認識できる
  • 会社の規模が大きくなっても使えるデザインにする

※参考

単価:3千円〜5万円

作成時間:2週間〜1ヶ月

③コーディング

作ったWebサイトやLPをWeb上に反映させるには、HTMLやCSSなどのプログラミング言語でコードを作成するコーディングが必要不可欠です。

未来

デザインのみを担当する案件もありますが、デザイン+コーディングという案件もあるのでコーディングスキルがあると仕事の幅が広がります。

コーディングができるようになるとデザインをする際に、コーディングしやすいデザインを考えることができ、より良いデザインを作成することができるほか、エンジニアとの意思疎通もしやすくなるのでクライアントからの評価も高くなる傾向にあります。

※参考

単価:5万円〜30万円

作成時間:1週間〜1ヶ月

④LP作成

LP(ランディングページ)とは、バナー広告やリスティング広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。

目的としては、サイトを訪問したユーザーに「購入」「お問い合わせ」「資料請求」などの行動をしてもらうためです。

なぜ、あえてWebサイトではなくLPで行うのかというと、ユーザーが求めている情報を1ページに集約することで離脱が少なくなりCVに繋がりやすいためです。

未来

LPの特徴は、縦長でWebサイトとは違いかなりインパクトのある派手なものが多いです。

作成ポイントとしては、ターゲット分析です。マーケティング界隈でよく使われているペルソナ設定はとても重要です。ペルソナを設定することでLPの方向性が定まります。

例えば、20代女性がターゲットの商品であれば、パステルカラーで明るいイメージになるでしょうし、50代男性がターゲットの商品であれば、落ち着いたイメージのカラーが無難であることがわかってきます。

※参考

単価:1万円〜10万円

作成時間:1週間〜2週間

⑤Webサイト制作

Webデザイナーといえば、ホームページ作成が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

未来

ホームページ作成はバナーよりも難易度が上がりますが、その分単価も高いです。

WebサイトにはコーポレートサイトやECサイト、採用サイトなど様々な種類があります。

Webサイトを作る際には、いきなりデザインを始めるのではなく必要な情報を書き出すことから始めます。

例えば、コーポレートサイトであれば、会社概要や問い合わせ先、事業内容といったものが必要になってきます。

LP同様にペルソナ設定をすることでサイトのイメージも掴みやすくなります。そのためにもクライアントから情報の聞き取りは重要です。

その後は、レイアウトを決めて、ツールを使ってデザインを作成していくという流れになります。

ポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • わかりやすい情報の配置になっているか
  • サイトのイメージに合った配色になっているか
  • スマートフォンにも対応しているか

見るからに難易度が高いかと思いますが、良いWebサイトを作るには必要不可欠な作業になります。

※参考

単価:10万円〜50万円

作成時間:1ヶ月〜3ヶ月

Webデザインを副業でやるメリット・デメリット

Webデザインは、パソコン1台で場所や時間を選ばずに仕事ができるため人気があります。

未来

副業で稼ぐならWebデザインがおすすめです。しかし、簡単に稼げるわけではないんですよね。

こちらでは、Webデザインを副業でやるメリットとデメリットをご紹介します。

Webデザインを副業でやるデメリット

  • 本業が副業禁止の場合はできない
  • 本業と副業の時間配分が難しい
  • 孤独な作業が多い
  • 最初は単価が安い

1つずつ詳しく紹介しますね。

本業が副業禁止の場合はできない

そもそもですが、本業で副業が禁止されていたらできません。

未来

Webデザイナーとして副業を始める前に、会社に副業が禁止されていないか必ず確認をしておきましょう。

副業が解禁されてはいるものの、会社によっては、本業に支障が出るなどの理由から禁止しているところもあり、副業が見つかると懲戒処分となる可能性もありますので十分気をつけましょう。

本業と副業の時間配分が難しい

Webデザインだけではありませんが、副業をする場合、スケジュールなどの自己管理をしっかりする必要があります。

未来

特にWebデザインはクライアントから仕事を受けているので、基本的には納期が決まっています。

「仕事を受けすぎて納期に間に合わなない」なんてことがあれば、クライアントからの信頼を失い、仕事の継続が難しくなる恐れがあります。

また他にも、体調管理や、確定申告の漏れなど個人で仕事をするには自己管理が大切です。

孤独な作業が多い

Webデザインは基本的に一人で作業をすることが多いです。

作業を進めていく中で、分からないことやトラブルが発生したときなど、自力で解決していかなければなりません。

しかし、解決できないことや孤独感で辛くなることもあるかと思います。

未来

そんなときのためにも、オンラインサロンやSNSなどでWebデザイナーと交流を深めておくと良いですね♪

最初は単価が安い

実績のない未経験や初心者のWebデザイナーは、単価の高い案件の受注が難しいためどうしても単価の低い案件が多くなりがちです。

未来

Webデザインの案件を継続して受注していくには、経験と実績が必要です。

最初は、単価の低い案件が多くても、実績を積み上げていくことで、単価の高い案件の受注が増えてきます。

また、受注するときにポートフォリオを求められることが多いので、事前に準備しておくことをおすすめします。

Webデザインを副業でやるメリット

  • 働いた分だけ収入が増える
  • 働き方の選択肢が増える
  • 孤独な作業が多い
  • 最初は単価が安い

1つずつ詳しく紹介しますね。

働いた分だけ収入が増える

最初のうちは、単価が低く挫折したくなりますが、Webデザイナーは自分の頑張り次第で単価を上げることが可能な仕事です。

収入の柱を複数持っておくことでリスク分散ができ将来への不安が減ります。

働き方の選択肢が増える

Webデザイナーを副業として続けていくと、将来的にはWeb制作会社に転職やフリーランスとして働くなど、働き方の選択肢が増えていきます。

未来

副業をすることで今までにはなかった選択肢が出てきて将来の不安も少なくなるのではないでしょうか。

また、Webデザインだけではなく、他のクリエイティブな仕事などにも興味が出てくるなど視野を広げることもできます。

働く場所や時間を選べるようになる

Webデザインのメリットといえば、好きな場所、好きな時間に仕事ができることです。

未来

パソコンとネット環境があれば、家でもカフェでも旅行先でも仕事ができます。

また、子育てや介護をしながらでも、スキマ時間に仕事ができることもWebデザインの魅力です。

スキルが身に付く

Webデザインの副業を始めることで、デザインの知識や、コーティングやツールの使い方、マーケティングスキルなども身につけることもできます。

未来

スキルは財産です。スキルを身につけることがデメリットになることはありません。

積極的にスキルアップしていくことで、仕事の幅が広がるでしょう。

まとめ:Webデザインの副業は初心者でも稼げる?獲得できる案件は?

Webデザインの副業は初心者でも稼げるのか紹介しました。

未来

Webデザイナーの需要はこれからも増え続けると言われており、Webデザインの副業は初心者でも十分に稼ぐことができます。

副業が解禁されたことで、今後の働き方も変わってくるはずです。

Webデザインのスキルは一度身につけてしまえば長く続けることができる副業です。

初心者でも基本的なスキルを学ぶ根気、勉強を続ける向上心があるなら、副業のWebデザイナーとして成功することができますよ。

本業がありながらもWebデザインをしっかり学ぶことができるWebデザインスクールを厳選しました。

こちらの記事もぜひ参考にご覧くださいね♪

>>>社会人におすすめのWebデザインスクール5選を徹底比較!

目次