\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webデザインスクールは失敗する?無駄にしないためのポイントは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webデザインスクールは失敗する?無駄にしないためのポイントは?

Webデザインスクールに通うと失敗するのでしょうか。

近年、Webデザインの人気に伴いWebデザインスクールも増え続けています。

未来

Webデザインスクールが多すぎて、どのスクールに通えばいいか悩みますよね。

また「Webデザインスクールは無駄」「Webデザインスクールに行かなくてもWebデザイナーになれる」などと言われてますが、本当のところはどうなのでしょうか。

本記事では、Webデザインスクールを選ぶ際の重要なポイントや、失敗を避けるための具体的な方法、独学との比較について詳しく解説していきます。

Webデザインの道を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

目次

Webデザインスクールは失敗するといわれる理由

Webデザインスクールはやめとけ」「Webデザインスクールは無駄」なんて言われていますが、なぜそのようなことが言われているのでしょうか。

ここではWebデザインスクールが失敗すると言われている理由をご紹介します。

Webデザインスクールが失敗と言われる理由

  • 独学でも十分と言われている
  • コストが高い
  • Webデザインスクールを受講して失敗した人がいたから

独学でも十分と言われている

近年、インターネットの普及やオンライン教育の発展により、独学でWebデザインを学ぶことが十分に可能になってきました。

多くの情報や学習リソースがオンラインで無料または低コストで利用でき、専門書やチュートリアル動画、コーディングプラットフォームなどが豊富に存在しています。

これらのリソースを活用することで、自分のペースで学習し、実践的なスキルを身につけることが可能になったことから、独学でも十分と言われているんです。

独学での学習のメリット

  • 自分のペースで学習: 個人のスケジュールや学習スタイルに合わせて自由に学習できます。
  • 費用が低い: 多くの教材が無料または低コストで利用できるため、経済的負担が少ないです。
  • 実践的な経験: プロジェクトや課題を通じて実際のスキルを磨くことができます。

独学での学習の注意点

  • アウトプットの重要性

知識を得たら実際にアウトプットすることが重要です。

独学の場合インプットに重点をおいて学習してしまう傾向にあります。プロジェクトを進めたり、ポートフォリオを作成することでスキルが向上します。

インプットよりもアウトプットを多くすることを意識してみるといいですよ。

  • 専門性の確保

自分に必要な知識を網羅するため、計画的に学習内容を選定することが必要です。

独学の場合どのように学ぶべきかわからず悩む事があります。実践で使えるスキルを学ぶよう工夫して計画しましょう。

  • モチベーション維持

独学はモチベーション維持がとても難しいです。

学習の進め方で悩んだり、自分のスキルが向上しているか確認する術がなかったり、フィードバックを受けれる環境がないなど、モチベーションを低下させる可能性が大いにあります。どのように克服していくかが鍵となっていきます。

コストが高い

Webデザインスクールの受講は、多くの場合高額な費用がかかることが一般的です。

これは、授業料や教材費、通学や生活費などが加算されるためです。特に、一部の有名な専門学校や大学のプログラムは非常に高額なため、収入が限られている人にとっては負担が大きいと言えます。

Webデザイナーの受講料は、コースにもよりますが、決して安いものではありません。

未来

受講料は大手企業でも120,000円〜800,000円と幅が広く、コースや受講期間や受講方法によって変わるようです。

そして、高額な投資をした場合でも、卒業後の実際の収入や就職につながるかどうかが保証されていないため、リターンが不透明という不安もありますよね。

Webデザインスクールの受講料が高い理由はいくつかの要因が絡んでいます。以下に、それらの理由について詳しく説明します。

  • 専門的な教育・質の保証
  • 設備・インフラ・ツール
  • キャリアサポートと就職活動の支援
  • マーケット価値への投資

専門的な教育・質の保証

Webデザインスクールは、専門的な教育を提供するために質の高い講師陣やカリキュラムを用意する必要があります。

これには、経験豊富なデザイナーやプログラマーを講師として招き、最新の技術やトレンドについて学生に教えるためのコストがかかります。

実際、各Webデザインスクールは、現役のWebデザイナーが在籍していて、最新のトレンドやスキルを身につけられる環境があります。

設備・インフラ・ツール

Webデザインスクールは、学生が実際のプロジェクトを行えるよう、最新のコンピューターやソフトウェア、デザインツールを提供する必要があります。

また、教室やワークスペース、専用のデザインラボなど、学習環境の整備にもコストがかかるんです。

そう考えると、オンラインスクールであれば一部はコストを抑えることができるのではないでしょうか。

>>>Webデザインのオンラインスクールおすすめ7選はこちらので記事紹介しています

キャリアサポートと就職活動の支援

一部のWebデザインスクールは、学生の就職活動をサポートするための専任のキャリアカウンセラーやインターンシッププログラムを用意しています。

これには、キャリアサポート担当者の給与やプログラムの運営費用が含まれ、受講料の一部がこれらのサービスの質の向上や提供のために使われます。

実際の案件を数多く取り揃えているスクールも多く、スクール運営だけではなく、案件提供のための営業活動をおこなっているスクールも多いんです。

マーケット価値への投資

受講生が将来的に良い職に就くためには、専門知識や実務経験が求められます。

スクールは、受講生がマーケットで競争力を持つための教育や機会を提供するために、その価値を高めるための投資を行います。

Webデザインは、変化の激しい業種であるため、最新のトレンドやスキルをスクール側も提供し続ける必要があります。

Webデザインスクールを受講して失敗した人がいたから

一部の人々は、Webデザインスクールでの受講や学習が失敗であると感じています。

これは、期待したスキルや知識が得られなかったり、就職やキャリアの面で成果が出なかったりするためです。

また、他人からWebデザインスクールを受講したけど、Webデザイナーになれなかったなんて話を聞いたら、自分も失敗するのではないかという不安な気持ちになりますよね。

失敗すると言われたら、受講するのはやめた方がいいと思うのが普通かもしれません。

失敗の要因

期待とのギャップ:

スクールに対する期待と実際の内容や成果との間にギャップがあった場合、失敗感を抱くことがあります。

各スクールともに事前に説明会等を設けてはいますが、実際に受講してみると自分が想像していた内容とは違うことはよくあります。受講前に念入りに調べることが必要です。

就職支援の不備:

適切な就職支援が受けられなかったため、適した職に就けなかったと感じることがあります。

ただし、スクール側の問題だけではなく、自分自身の頑張りが足りなくて適切な支援を受けれないこともあります。

カリキュラムの不適応:

自身の興味や適性と合わないカリキュラムであったため、学習効果が低かったと感じることがあります。

カリキュラムの内容も重要ですが、カリキュラムだけに頼らず、自らスキル向上を目指すよう心がけるようにしましょう。

成功するためのポイント

適切な選択:

自分の目標や適性に合わせて、適切なスクールを選択することが重要です。

スクールによってコースや受講料も様々です。また、カリキュラムや受講方法や受講期間、定期的なメンタリングなど、事前に確認することが重要です。

主体的な取り組み:

学習に対して積極的に取り組み、自分で学びを深める努力が必要です。

Webデザインスクールを受講しているだけで満足してしまうと、それ以上の学びを怠ってしまう可能性があります。

Webデザインは常に進化し続ける業種でもあるので、学びを深める努力をする癖をつけることが大切です。

Webデザインスクールで失敗する人の特徴

ここでは、Webデザインスクールで失敗する人の特徴について、ご紹介します。

失敗しそうな不安要素が自分にもあるかもしれません。

Webデザインスクールを受講する前に、自分を知ることで、安心して受講することができますよ。

  • 品質の悪いWebデザインスクールを選んでいる
  • Webデザインスクールを比較せずに決めた
  • Webデザインスクールを受講すればなんとかなる

品質の悪いWebデザインスクールを選んでいる

Webデザインスクールの選択は、将来のキャリアに大きな影響を与える重要な決定です。

しかし、中には品質の低いスクールが存在し、これらのスクールを選んでしまうことが失敗の一因となります。

品質の悪いスクールでは、適切なカリキュラムや教育が提供されず、学生が必要なスキルや知識を得ることが困難です。

品質の低いWebデザインスクールの特徴

  • 古いカリキュラム: 最新のトレンドや技術に対応していない古いカリキュラムが提供されていることがあります。
  • 経験不足の教員: 経験の浅い教員や実務経験のない講師が授業を担当していることがあります。
  • キャリアサポートの不足: 就職支援やキャリアアドバイスが十分に行われていないことがあります。

品質の低いスクールを選ばないために

  • カリキュラムの確認: カリキュラムが最新のトレンドや技術に沿っているか確認しましょう。
  • 教員の経験: 教員の経歴や実務経験を調査して、適切な指導が受けられるか確認しましょう。
  • 卒業生の就職先: 卒業生の就職先や進路を調査して、スクールのカリキュラムが実践的かどうか判断しましょう。

品質の高いWebデザインスクールを選ぶことが、成功への第一歩です。

Webデザインスクールを比較せずに決めた

Webデザインスクールを選ぶ際に、複数の選択肢を比較せずに決めてしまうことが失敗の要因となります。

適切なスクールを選ぶためには、複数のスクールを比較し、自身の目標やニーズに最適なものを選ぶことが重要です。

Webデザインスクールの比較ポイント

  • カリキュラム内容: 各スクールのカリキュラムを比較し、自分が学びたい内容にマッチするか確認しましょう。
  • 教員の質: 各スクールの教員の経験や専門知識を比較して、質の高い教育を受けられるか確認しましょう。
  • 就職支援: 就職支援プログラムや実績を比較して、将来的な就職につながるサポートがあるか確認しましょう。

比較を怠らないために

  • 目標の明確化:最初に、自身の目標を明確にします。Webデザインスクールを通じて何を達成したいのか、どのようなキャリアを目指すのかを明確に理解することが重要です。
  • カリキュラムの調査:各スクールのカリキュラムを比較・調査して、学習内容や提供されるコース、専攻領域、実務経験の機会、教員の経験などを確認します。
  • 卒業生の生の声や実績: インターネットやSNSなどで学校の評判や口コミを調査し、他の学生の体験や意見を参考にします。また、卒業生のキャリアパスや成功事例を調査し、スクールが卒業生のキャリア形成をどれだけ支援しているかを把握するのがおすすめです。

比較検討を行うことで、後悔せずに最適な選択が可能になります。

Webデザインスクールを受講すればなんとかなる

Webデザインスクールを受講することで、自動的にスキルや知識が身につくと考えることが、失敗の一因となります。

実際には、受講するだけでは十分なスキルが身につかないため、積極的な学習と実践が不可欠です。

Webデザインスクールでの受講の限界

  • 受講だけでは不十分: 単に授業を受けるだけでは、実務で必要なスキルや経験を十分に得ることができません。
  • 自主学習の重要性: 授業外での自主学習やプロジェクト参加、ポートフォリオ作成などが必要です。そして自主的なアウトプットを繰り返し行いましょう。

成功するための取り組み

  • 積極的な実践: 授業外でのプロジェクトやコーディング、デザインの実践を積極的に行いましょう。
  • ポートフォリオの構築: 学んだスキルや制作物をポートフォリオとしてまとめ、これを活用して実務経験をアピールすることが重要です。
  • コミュニティ参加: Webデザインのコミュニティやイベントに積極的に参加し、他のデザイナーや開発者と交流しながら学びを深めましょう。

Webデザインスクールを受講することは、学習の一助になりますが、それだけでは十分ではありません。積極的な取り組みと自主学習が必要です。

Webデザインスクールを無駄にしないためのポイント

ここまでご紹介したWebデザインスクールが失敗するといわれる理由や失敗する人の特徴を理解した上で、Webデザインスクールの必要性を感じたのではないでしょうか。

せっかく受講したのに何も得られなかったなんて後悔はしたくはないですよね。

ここでは、Webデザインスクールを無駄にしないためのポイントをご紹介します。

  • 複数のWebデザインスクールを比較する
  • Webデザインスクールを受講しただけでは意味がないと認識する
  • 学習の継続
  • 全力でがんばる

複数のWebデザインスクールを比較する

Webデザインの学習を始める際に、適切なスクールを選ぶことは非常に重要です。

複数のWebデザインスクールを比較することで、自身に最適な学習環境やカリキュラムを選択することが可能となります。

Webデザインスクール比較のポイント

  • カリキュラムの内容: 各スクールのカリキュラムを比較し、自分の興味や学習したい分野に合致するものを選びましょう。
  • 教員の経験と質: 各スクールの教員の経験や質を調査し、優れた指導が受けられるか確認しましょう。現役のWebデザイナーが在籍していて直接メンタリングができる環境があるなどモチベーション維持のためにもとても重要となってきます。
  • 就職支援やキャリアアドバイス: 就職支援やキャリアアドバイスが充実しているかどうかを比較し、将来のキャリア形成に役立つサポートがあるか確認しましょう。

スクール比較のメリット

  • 最適な選択が可能: 複数のスクールを比較することで、自分に最適な選択をすることができます。質の悪いスクールを誤って選ぶことを避ける事もできます。
  • 満足度が高まる: 自分に合ったスクールで学ぶことで、学習の満足度が高まり、モチベーションも維持しやすくなります。

Webデザインの学習を始める際には、慎重な比較が成功への第一歩となります。

Webデザインスクールを受講しただけでは意味がないと認識する

Webデザインスクールを受講することは重要ですが、受講しただけでは意味がないと認識することが重要です。

実践や自主学習、プロジェクトへの参加など、スクール外での努力が必要です。

受講だけでは足りない理由

  • 実践の不足: スクールの授業だけでは実務経験が不十分であり、実際のプロジェクトでの経験が必要です。
  • 自主学習の必要性: さまざまなWebデザインの技術やツールは、自主学習を通じて習得することが重要です。
  • プロジェクト参加の重要性: 実際のプロジェクトに参加することで、チームでの協力やプロフェッショナルなスキルを磨くことができます。

受講の補完策

  • 自主学習の推進: 授業外での自主学習を進め、習得した知識やスキルを実践で活用することが重要です。
  • プロジェクト参加: プロジェクトやコンテストへの積極的な参加を通じて、実践的な経験を積むことが必要です。

Webデザインスクールを受講する際には、受講だけではなく、積極的な自主学習や実践活動が成功への近道です。

学習の継続

Webデザインスクールで学習を始めたら、それを継続することが非常に重要です。

継続的な学習は、スキルの定着や向上に直結し、将来的なキャリア形成にも影響を与えます。

学習の継続のメリット

  • スキルの定着: 継続的な学習により、学んだスキルが定着し、実践で自信を持って活用できるようになります。
  • トレンドへの適応: 新しい技術やトレンドが現れる中で、継続的な学習を通じてこれに適応できます。
  • 成長の機会: 学習を継続することで、自身の能力が向上し、成長の機会が増えます。

学習の継続を実現するために

  • 目標の設定: 継続的な学習のために、明確な目標を設定しましょう。
  • スケジュールの確保: 学習の時間を確保するために、スケジュールをしっかりと組みましょう。
  • 習慣化: 学習を習慣化することで、継続的な取り組みがしやれるようになります。
  • フィードバックの活用: 定期的に学習内容を振り返り、フィードバックを取得することで、改善や効率化が図れます。

Webデザインの分野は日々変化しており、新しい技術やトレンドが次々と現れます。学習を継続することで、常に最新の情報やスキルを習得し、成長することが可能です。

全力でがんばる

そして最後に、Webデザインスクールを無駄にしないためには、とにかく全力で頑張ることです。

Webデザインスクールを受講しても、途中でモチベーションが低下して挫折ということも考えられます。

仕事をしながらや子育てをしながらWebデザインを学ぶことはとてもハードですが、ここは踏ん張って全力でがんばりましょう!

まとめ:Webデザインスクールは失敗する?無駄にしないためのポイントは?

今回は、Webデザインスクールが失敗すると言われている理由や、スクール選びのポイントについてご紹介しました。

Webデザイナーになりたいと思ったときに、何から始めていいか悩むと思いますが、Webデザインスクールはカリキュラムがあるので安心して学ぶことができます。

しかし、一部のWebデザインスクールは受講料が高額なのに質が悪いなど、せっかくスクールで学んでも思うように成果が出なかったなんてこともあります。

未来

Webデザインスクール受講前に、必ず複数のWebデザインスクールを比較し、慎重に選ぶことをお勧めします。

>>>Webデザインのオンラインスクールおすすめ7選はこちらので記事紹介しています

そして、Webデザインスクールの身を任せるのではなく、継続的な学習を心がける事が大切です。

本記事がWebデザインスクール探しに悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです。

目次