\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webデザイナーは未経験20代でもなれる?必要なスキルは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webデザイナーは未経験20代でもなれる?必要なスキルは?

Webデザイナーは未経験20代でもなれるのでしょうか。

現代のデジタル時代において、Webデザインの需要は急速に拡大しており、若い世代にも注目されている職業でもあります。

でも、

  • 未経験でもOK!って書かれているけど本当?
  • 20代未経験でもWebデザイナーになれるの?

と思っている人もいますよね。

この記事では20代未経験でもWebデザイナーになるための必要なスキルや就ける仕事について詳しくご紹介します。

目次

Webデザイナーは未経験20代でもなれる?

今やとても人気のある憧れの職業となったWebデザインの仕事。

でも、「デザイン系の勉強や学校に行ったこともないのに本当にWebデザイナーになれるの?」と思いますよね。

未来

結論から言うと、20代未経験でもWebデザイナーになることは可能です!

ではなぜ20代未経験でもWebデザイナーになることができるのか?

それは、20代は若さを武器にできる年代であり、未経験の仕事でもチャレンジしやすいからです。

でも「Webデザインは専門的なスキルが必要なので、未経験だと難しいのでは?」と思っている人も多いと思いますが、Webデザイナーに求められるスキルは思っているほど高くはありません

また、たとえスキルがなくても、若さや意欲を買われて採用されるケースも少なくはないです。

20代は柔軟性があり、仕事の覚えが早く、他の会社のやり方や社風に染まっていない未経験者は教育しやすいということがあります。

ここまでで、20代は未経験でもWebデザイナーになれることがわかったと思いますが、そうは言っても、企業側としても一定のスキルは求めてくることが一般的かと思います。

未来

まったく知識もスキルもない状態よりも、ある程度スキルを身につけた上でWebデザイナーを目指す方が圧倒的に有利です!

本気でWebデザイナーを目指すのであれば丸腰で挑むのではなく、知識やスキルを学ぶことをおすすめします。

未経験20代からWebデザイナーになるために必要なスキル

Webデザインは、未経験の20代でも学び始めることができる魅力的なキャリアパスです。

しかし、成功するためには特定のスキルセットが必要です。

ここでは、未経験者がWebデザイナーとしてスタートするために必要なスキルを5つ紹介します。

これらのスキルを身につけることで、魅力的なWebサイトやユーザーエクスペリエンスを作り出すことができますよ。

  • デザインの基礎
  • HTML・CSS
  • ユーザー・エクスペリエンス
  • コミュニケーションスキル
  • ツール

①デザインの基礎

これからWebデザインを学びたいと考えているのであれば、最低限の基礎知識は知っておく必要があります。

まずはWebデザインの4大原則である、近接・整列・反復・コントラストです。

未来

この4大原則はデザインの要素を整理し、分かりやすく伝えることができます。

デザインに関する本やオンラインのリソースを活用して、デザインの基礎を学びましょう。

②HTML・CSS

Webデザイナーとして活躍するためには、HTMLとCSSの基礎知識は知っておく必要があります。

未来

HTMLはウェブページの構造を作成するための言語であり、CSSはデザインやスタイルを指定するための言語です。

これらの言語をマスターし、Webデザインの基本的な要素を理解しましょう。

③ユーザーエクスペリエンス(UX)

Webデザインは単なる見た目だけでなく、ユーザーが使いやすいエクスペリエンスを提供することも重要です。

未来

ユーザーエクスペリエンス(UX)デザインの基礎を学び、ユーザーのニーズや行動を理解する能力を身につけましょう。

インタラクティブな要素やアクセシビリティの考慮、ナビゲーションの設計など、UXデザインの原則に沿ったWebサイトを作成できるようになります。

④コミュニケーションスキル

Webデザイナーは、クライアントや開発チームと密に連携する必要があります。

未来

効果的なコミュニケーション能力は、プロジェクトの要件を理解し、デザインのビジョンを共有するために不可欠です。

また、プロジェクトの期限やタスク管理を効果的に行うためのプロジェクト管理能力も重要です。

⑤ツール

Webデザインの制作に欠かせないツールであるPhotoshopやIllustratorの基本的な使い方について学んでおく必要があります。

未来

ツールの使い方を知らないでWebデザインの制作はできません。

各ツールには沢山の機能がありますが、全て覚える必要はなく、基本的な機能だけで十分実践で活用できますよ。

未経験20代ではどんな仕事がある?

Webデザインの需要は近年ますます高まっており、未経験の20代でもさまざまな仕事の機会があります。

以下では、未経験者がWebデザイナーとして就くことができるいくつかの仕事について紹介します。

未来

自身の興味やスキルに合わせて、専門化や独自のスキルを磨くことも重要です。

積極的に学習し、経験を積むことで、Webデザイナーとしてのキャリアを築いていくことができますよ。

Webサイトのデザイン

Webサイトのデザインは、Webデザイナーの主要な仕事の一つです。

未来

クライアントや企業の要件に基づいて、魅力的で使いやすいWebサイトのデザインを作成します。

デザインのコンセプトの策定から実際のデザインの制作まで、幅広いスキルが求められます。

ユーザーインターフェース(UI)デザイナー

UIデザインは、ユーザーがWebサイトやアプリケーションを操作するためのインターフェースのデザインを担当します。

未来

ユーザーのニーズと視覚的な要素を考慮し、使いやすく効果的なインターフェースを作成する役割です。

ボタンの配置、アイコンのデザイン、ナビゲーションの構造などが重要な要素となります。

モバイルアプリのデザイン

モバイルアプリのデザインは、ユーザーがスマートフォンやタブレットで利用するアプリケーションのデザインを手がけます。

未来

モバイルデバイスの画面サイズや操作性を考慮し、使いやすく魅力的なデザインを作成することが求められます。

ブランディングとアイデンティティデザイン

Webデザイナーは、企業やブランドのアイデンティティを表現するデザインも担当することがあります。

未来

ロゴデザイン、カラースキーム、ブランドガイドラインの策定などが含まれます。

ブランドの一貫性を保ちながら、魅力的で認識しやすいデザインを作り上げることが重要です。

フリーランスのWebデザイナー

Webデザイナーとしてのスキルを磨いた後、フリーランスとして独立することも選択肢の一つです。

未来

フリーランスとして活動する場合、自分自身のクライアントを見つける必要があります。

自己プロモーションやポートフォリオの構築が重要となります。フリーランスの場合、多くのプロジェクトに携わることができ、幅広い経験を積むことができます。

コーポレートデザイン

大企業や組織に所属してWebデザイナーとして働くこともあります。

未来

企業のWebサイトや内部システムのデザインを担当し、ブランドイメージを維持する役割を果たします。

また、広告やマーケティングキャンペーンのデザインも担当することがあります。

ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイン

UXデザインは、ユーザーエクスペリエンスの向上に焦点を当てたデザインを行います。

未来

ユーザーのニーズや行動を分析し、ユーザビリティの向上やインタラクションの改善を行います。

UXデザインは、ユーザビリティテストやユーザーインタビューなどの調査手法に基づいて行われます。

プロトタイピングおよびフロントエンド

開発Webデザイナーは、デザインのアイデアを具現化するためにプロトタイプの作成やフロントエンド開発にも関与することがあります。

HTML、CSS、JavaScriptなどのコーディングスキルを身につけることで、自分のデザインを実装することができます。

まとめ:Webデザイナーは未経験20代でもなれる?必要なスキルは?

20代未経験でWebデザイナーになるためのスキルや仕事の種類についてご紹介しました。

前述でお伝えしたとおり、20代は未経験でも十分にWebデザイナーになることが可能です。

現在、IT業界は人材が不足しています。Webデザイナーも例外ではありません。

また、企業としてもWebデザイナーを育てなくてはいけないという使命があります。

若くて意欲的で柔軟性のある20代は、未経験であっても採用されることは大いに考えられます。

未来

ぜひこのチャンスを掴んで憧れのWebデザイナーになりましょう。

この記事が、20代未経験でWebデザイナーを目指している方のお役に立てればうれしいです。

未経験からでも稼げるWebデザイナーを目指せる!おすすめのオンラインスクールをピックアップしました

>>>Webデザインのオンラインスクールおすすめ7選を知りたい方はコチラ!

目次