Webデザイナーに向いている人向いていない人の特徴は?適性を調査!

Webデザイナーに向いている人向いていない人の特徴は?適性を調査!

Webデザイナーに向いている人向いていない人の特徴を紹介します。

近年、Webデザイナーになりたい人が増えてきています。

未来

人気の職業になりつつあるWebデザイナーには適性はあるのでしょうか?

今回は、Webデザイナーに向いている人の特徴と、向いていない人の特徴を解説していきます!

そして、Webデザイナーになるために身につけておいた方がいいスキルもご紹介していきます。

Webデザイナーに興味がある方や、自分は向いているのかな?と気になる方はぜひ参考にしてください。

目次

Webデザイナーに向いている人の特徴

Webデザイナーになりたいけど自分が向いているのか分からないという人も多いですよね。

そこでここからは、Webデザイナーに向いている人の特徴を紹介します!

  • 細かい作業が好きな人
  • トレンドに敏感
  • 何かを作るのが好きな人

1つずつ解説しますね♪

細かい作業が好き

Webデザインはパソコンを使ってツールの中で作業をしていく仕事です。

未来

色や枠の微調整など、どうしても細かい作業が多くなります。

作るときだけでなく、できあがったものを修正をするときも細かい作業になるので、細かい作業が好きな人は無理なく仕事ができます

トレンドに敏感

Webデザインの仕事は流行りやトレンドに大きく左右されます

未来

そのため、トレンドに敏感な人は優位です♪

私もSNSやネットでトレンドのチェックを欠かさないようにしていますが、常に流行りやトレンドに敏感な人は仕事に活かすことができます!

何かを作るのが好き

Webデザインはサイトや、ロゴ、バナーなどを作る仕事です。

未来

一から何かを作るのが好きな方は向いていますよ♪

Webデザイナーは発想力などクリエイティブな部分が活かせる仕事です。

Webデザイナーに向いていない人の特徴

ここからはWebデザイナーに向いていない人の特徴を紹介します!

  • 細かい作業を苦に感じる人
  • コミュニケーション力がない人
  • 期限を守れない人

1つずつ解説しますね♪

細かい作業が苦に感じる人

向いている人の特徴として「細かい作業が好き」とありましたが、逆に言うと細かい作業が苦に感じる人は向いていないです。

細かい作業が不得意でも、練習や回数をこなせばだんだんできるようにはなってきますが、やはり苦痛だと思います。

仕事を苦に感じてしまうと向上心まで失われ、学ぶことをやめ挫折しやすくなってしまいます。

コミュニケーション力がない人

Webデザイナーはオンラインでパソコンを使い、黙々と作業をする仕事だからコミュニケーション力はいらないと思っている方も多いと思います。

しかし、Webデザイナーもクライアントがいるから仕事が受注されます

未来

クライアントが求めるデザインを作成するには、ヒアリングからしっかり話を聞き出してデザインにしていく必要があります。

ヒアリングがしっかりできていないと、相手の考えをうまく汲み取れず修正が多くなったり評価が低くなってしまいます。

期限を守れない人

これはどの仕事でも言えることですが、期限を守れない人は向いていません。

デザイン制作にはほとんどの場合納期があります

この納期までのスケジューリングをしっかりする必要があります。

未来

いつでもどこでもできる仕事ですが、期限をしっかり守れないとクライアントの信用も失います。

期限を守れない人は、Webデザイナーになるのは難しいです。

Webデザイナーになるために必要なスキル

ここまでWebデザイナーの向き不向きを紹介してきましたが、実際のところ一番重視されるのはスキルがあるかないかです。

未経験でもできる仕事ではありますが、スキルが何もないと仕事獲得は難しいです。

私がWebデザイナーをやってきて感じた、身につけておくべきスキルをご紹介します。

デザインスキル

デザインスキルは言うまでもなく、Webデザイナーになるには必須のスキルです。

デザインについての基礎知識や、デザインの考え方などをあらかじめ学んで身につけておく必要があります。

未来

デザインスキルは仕事にする前に必ず身に付けてくださいね♪

デザインツールを使いこなすスキル

デザインツールを使いこなすスキルも、Webデザイナーになるには必須のスキルです。

デザインをするときに主に使われる代表的なツールは、「Photoshop」や「Illustrator」などです。

未来

これらのツールをいかにうまく使いこなすかで、作業スピードやクオリティーが上がります。

コーディングスキル

Webサイトを作るにはデザインのほかにコーディングという作業が必要になります。

コーディングとは、デザインをHTMLやCSSなどの言語を使ってブラウザ上に見える形にすることを言います。

そのコーディングもWebデザイナーの仕事の1つです。

今は、WordpressなどCMSというコーディング不要のものもありますが、カスタマイズするときにHTMLやCSSなどの知識があれば、仕事の幅も広がります。

まとめ:Webデザイナーに向いている人向いていない人の特徴は?適性を調査!

Webデザイナーに向いている人向いていない人の特徴を紹介しました。

Webデザイナーに向いている人
  • 細かい作業が好きな人
  • トレンドに敏感
  • 何かを作るのが好きな人
Webデザイナーに向いていない人
  • 細かい作業を苦に感じる人
  • コミュニケーション力がない人
  • 期限を守れない人

Webデザイナーにも向き不向きがありますが、一番重要視されるのはスキルがあるかないかです。

Webデザイナーになるために身につけた方がいいスキルは

  • デザインスキル
  • デザインツールを使いこなすスキル
  • コーディングスキル

です。

これらのスキルを身につけておけば、仕事をすることができます。

しかし、スキルアップに終わりはありません。

常に勉強し、知識をアップデートしていくことが必要です。

これからWebデザインの勉強を始める方も、仕事を始める方も上を目指して更なるスキルアップをしていきましょう。

>>Webデザインのオンラインスクールおすすめ7選を徹底比較!

目次