\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webデザイナーは未経験や知識なしでは難しい?なれなかった人の特徴は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webデザイナーは未経験や知識なしでは難しい?なれなかった人の特徴は?

Webデザイナーは未経験や知識なしでは難しいのでしょうか。

働く場所や時間に縛られることがないWebデザイナーは、とても人気の職業となっています。

しかし、Webデザイナーを目指す多くの人が、未経験や知識不足によって挫折してしまうことに悩んでいるのではないでしょうか。

一体どうすれば成功する道が開けるのか、不安を抱えたまま前に進むのはとても難しいと感じますよね。

そこで今回は、未経験からでもWebデザイナーになるための方法や、成功するための必要なスキル、実務で役にたつ知識などをご紹介します。

自らの可能性を信じ、諦めずに挑戦したい方に役に立つ情報を提供できればと思います。

目次

Webデザイナーは未経験や知識なしでは難しい?

Webデザインは、インターネット上のウェブページやアプリケーションの見た目や使いやすさをデザインする分野です。

いわゆる、技術的なスキルを必要とする専門職です。

未経験や知識なしの状態から始めることは、確かに挑戦的なタスクであると言えますが、結論は未経験や知識なしでもWebデザイナーになることは可能です。

未来

しかし、稼げるようなWebデザイナーになれるかは保証できません。

何も知識がない状態からWebデザイン業界に就職することは難しく、年齢が上がるにつれて難易度も上がると言われています。

確かに20代は若さを武器にでき、未経験でもチャレンジできる年齢です。企業側も若い人材を育てる義務があるため、積極的に採用する傾向にあります。

その一方で、40代は年齢的に即戦力を求められるため、未経験では企業への就職はなかなか難しいと言えます。

ただし、Webデザイナーは、企業への就職以外にも、以下のような働き方を選択できる業種です。

  • 副業
  • フリーランス

とは言っても、副業やフリーランスとしてWebデザイナーになる場合にもスキルや知識が必要になってきます。

そこでまずは、以下のことから始めてみましょう。

  • Webデザインの基本知識やスキルを身につける
  • クラウドソーシングサイトで実績を積む
  • ポートフォリオの作成

きっと、Webデザイナーとしての第一歩を踏み出すことができるはずですよ。

Webデザイナーになれなかった人の特徴

Webデザイナーになることは、創造性と技術の結集が求められるやりがいのある仕事ですが、全ての人がその道で成功するわけではありません。

なんらかの理由で、モチベーションが低下し挫折をしてしまう人も多くいるのは事実です。

以下に、Webデザイナーになれなかった人の特徴をご紹介します。

  • 学習の進め方が間違っている
  • 目標設定が明確でない
  • コミュニケーション能力の不足
  • 継続的な学習の欠如
  • デザインの批評への対応が苦手
  • 締め切り厳守の難しさ

①学習の進め方が間違っている

未来

間違った学習方法では、Webデザイナーになるのは難しくなってしまいます。

特に独学で学ぶ場合、何から始めていいかわからず手当たり次第に学習を進めてしまった結果、いつまで経ってもWebデザイナーとしてのスキルを身につけることができないという状態に陥ってしまうことがあります。

以下の順序で学習することをおすすめします。

  • HTML・CSSを学ぶ
  • PhotoshopやIllustratorを学ぶ
  • デザイン理論を学ぶ
  • 実際にWebサイト制作

②目標設定が明確でない

  • Webデザイナーとして就職したいのか
  • フリーランスとして活躍したいのか
  • 年収はどのくらいほしいのか

Webデザイナーになるための明確な目標が設定されていないと志半ば諦めることになります。

将来のキャリアプランを明確にすることで、それに向かって学習やスキル磨きを行うことができ、より効果的な学習が可能になっていきます。

③コミュニケーション能力の不足

Webデザイナーは、クライアントやチームメンバーとの円滑なコミュニケーションが不可欠です。

要件や指示を正確に理解し、フィードバックを受け入れながら進めることが重要となります。

また、報連相がしっかりできていないと、クライアントからの信用を失うことになり、結果的に仕事も失うことになってしまいます。

④継続的な学習の欠如

Webデザインは常に進化しているので、新しい技術やトレンドが登場するたびに学び直す必要があります。

未来

継続的な学習の意欲がない場合、Webデザイナーとして仕事を続けることは難しくなってしまいます。

また、長時間椅子に座っていることが苦手な方や細かい作業が苦手な方は、Webデザイナーになることは難しいと感じるかと思います。

Webデザインは一見華やかな仕事のように思われますが、基本作業はパソコンが大半を占めているうえ、配置の微調整やクライアントのニーズに合わせたヒアリングをするなど、地道な作業が多いのが事実です。

⑤デザインの批評への対応が苦手

デザインは主観的な要素が強いため、クライアントや上司からの批評や意見を受け入れ、改善する能力が求められます。

未来

批評への対応が苦手な人は、成長が制限される可能性があります。

成長するためには批評を受け止め、自身のデザインをより良くするための改善点を見つけることが大切です。

⑥締め切り厳守の難しさ

Webデザイナーはプロジェクトの締め切りを守ることが重要です。

しかし、Webデザイナーになれなかった人の中には、時間管理や計画性に課題を抱えていたと言えます。

スケジュールに追われる中で品質を損なわずに作業を進め、締め切りを守ることは難しいです。

締め切りを守るためには、自己管理能力を高めることが重要になってきます。

未経験からWebデザイナーになるためのコツ

Webデザイナーは、未経験からスタートすることは可能です。

しかし、何から学んでいいかわからない状態では、Webデザイナーになれても、成功することは難しいと言えます。

ここでは、未経験からWebデザイナーになるコツをご紹介します。

  • 基本的なWeb技術の学習
  • デザインの基礎を身につける
  • デザインツールの習得
  • ポートフォリオの構築
  • クラウドソーシングサイトを使う
  • デザインコミュニティに参加する

①基本的なWeb技術の学習

Webデザイナーとしての基礎を築くために、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本的なWeb技術の学習が重要です。

HTMLはウェブページの骨組みを構築するためのマークアップ言語であり、CSSはデザインやスタイルを装飾するスタイルシート言語です。これらの基礎をしっかり理解することで、クリエイティブなアイデアを実現する土台を築くことができます。

未来

オンラインの無料コースやチュートリアルを利用して、自分のペースで学びましょう。

これらの技術を理解することで、デザインと技術の融合が可能になります。

②デザインの基礎を身につける

Webデザインは美しいデザインを作成するために、デザインの基礎を理解することが重要です。

色の使い方、フォントの選択、レイアウトの構築など、デザインの基本的な原則を学びましょう。

デザインの本やオンラインのデザインコースを活用することで、視覚的なセンスを磨くことができます。

③デザインツールの習得

効率的なデザイン作業を行うためには、デザインツールの習得が必要です。

未来

代表的なツールは、Adobe IllustratorやAdobe Photoshopです。これらのツールを使いこなすことで、アイデアを具現化し、クオリティの高いデザインを実現することができます。

ツールにはさまざまな機能がありますが、全てを使いこなす必要はありません。

基本的な操作方法やよく使う機能を覚えることだけでも十分デザインの制作が可能になります。

④ポートフォリオの構築

Webデザイナーとしての実力をアピールするためには、ポートフォリオの構築が不可欠です。

未来

ポートフォリオには自分の制作物やプロジェクトをまとめて掲載します。未経験者であれば、個人プロジェクトや練習作品を含めることも大切です。

ポートフォリオの作成に取り組むことで、自分の成長を可視化し、信頼性を高めることができますよ。

⑤クラウドソーシングサイトを使う

未経験からのスタートでは、クラウドソーシングサイトを活用してプロジェクトに参加することも有益です。

クラウドソーシングサイトでは、様々なクライアントからデザインの依頼を受けることができます。

未経験者でも受注しやすいプロジェクトもあるので、自らのスキルを試す場として活用してみてください。

⑥デザインコミュニティに参加する

デザインコミュニティに参加することで、他のデザイナーとのネットワーキングや知識交換が可能になります。

デザインに対する新たなアイディアや視点を得ることで、成長につながります。

また、異業種との交流会などに参加することで、人脈を作ることができ、そこから仕事を依頼されることもあるので、積極的に参加することをお勧めします。

まとめ:Webデザイナーは未経験や知識なしでは難しい?なれなかった人の特徴は?

未経験や知識がなくてもWebデザイナーになるためのコツやWebデザイナーになれなかった人の特徴についてご紹介しました。

前述のとおり、未経験者や知識がなくてもWebデザイナーになることは可能ですが、適切な学習と努力が必要です。

モチベーションの維持は難しいですが、しっかりとした目標をもって継続することで、未経験者からでもWebデザイナーとしての道を切り拓くことができますよ。

本記事が未経験からWebデザイナーを目指す方のお役に立てれば嬉しいです。

>>>Webデザイナーの就職は厳しい?未経験だと無理なの?

目次