\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webデザイナーは副業だと月収はどれぐらい?案件の取り方も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webデザイナーは副業だと月収はどれぐらい?案件の取り方も紹介

Webデザイナーは副業だと月収はどれぐらいになるのでしょうか。

近年、副業の制限がなくなり、国や大手企業などが柔軟な働き方を支援する動きがでてきました。

そのような中で、「Webデザイナーの副業をやってみたいけど、稼げるのかな?」と疑問を抱いている人も多いと思います。

現代では、ウェブを活用したビジネスが急成長しており、それに伴ってWebデザインの需要も増加しています。また、Webデザインは時間や場所に縛られることがないため、副業として選ぶ方が多いように思います。

そこで今回は、Webデザイナーの副業の月収や具体的な副業案件の探し方、収益最大化のための戦略などを詳しく解説していきます。

目次

Webデザイナーは副業だと月収はどれぐらい?

Webデザインの副業を始めたいと思ったときに、気になるのがいくら稼げるかですよね。

未来

一般的な目安としては、初心者のWebデザイナーは副業だと月に数万円から数十万円程度の収入を得ることができます。

また経験豊富で高度なスキルを持つデザイナーであれば、それ以上の収入を得ることも可能です。

ただし、相場は個々の状況や市場によって異なる可能性があります。副業の収入を決定する際には、自身のスキルや経験、プロジェクトの性質、クライアントの要望などを考慮して適切な価格を設定することが重要です。

ここからは、Webデザインの副業の種類と種類別におおよそいくら稼げるのかご紹介します。

Webデザイナーの副業で稼げるジャンルは主に以下の4つになります。

  • バナー 
  • ロゴ 
  • Webサイト 
  • ランディングページ 

バナー

バナーは、広告やメッセージを伝えるために使用される視覚的な要素や広告素材のことです。

一般的に、ウェブサイト、アプリケーション、ソーシャルメディアなどのデジタルメディア上で利用されることが多いです。

バナーは、文字、画像、グラフィックス、リンク、ボタンなどが組み合わさってデザインされ、縦長や正方形のものなど形や大きさは様々ですが、バナー自体がリンクになっていて消費者をサイトへ誘導することを目的とされています。

バナーの相場は、バナーの種類、サイズ、デザインの複雑さ、納期、デザイナーの経験などによっても相場は変わってきます。

  1. シンプルな静止画バナー:千円から1万円程度
  2. アニメーションバナー(GIFアニメーション):1万円から5万円以上。アニメーションの複雑さによって価格が変動
  3. 大規模なバナーキャンペーン(複数のバナーデザインが含まれる場合):5千円から2万円以上

バナーは制作時間が30分〜1時間と比較的短めなので、件数をこなせれば月5万から10万円も可能ではないでしょうか。

ロゴ

ロゴは、特定のブランド、企業、製品、サービス、団体、イベント、または個人を識別し、そのアイデンティティやビジュアルイメージを表現するための視覚的なシンボルまたはマークです。

ロゴは通常、文字、イメージ、カラースキーム、デザイン要素などを組み合わせて構成され、その組み合わせは独自で識別可能なものであることが重要です。

ロゴの相場は、種類やデザイナーのスキル、経験、プロジェクトの複雑さ、納期などによって変動します。

  1. シンプルなロゴ: 一般的なロゴデザイン(テキストとシンプルなアイコンまたはシンボル)は、5千円 から 3万円程度
  2. カスタムロゴ: より複雑なロゴデザインや特定の要件を考慮に入れた場合、 3万円以上
  3. 高品質なプロデザイナー: 一流のプロデザイナーによるロゴデザインは、10万円以上

ロゴは会社のイメージになるので、制作時間も2週間〜3週間程度かかると予想されます。そのためロゴ制作だけおこなった場合は月5万円程度になりますが、バナー制作などを掛け持ちすればもう少し稼ぐことが可能になります。

Webサイト

ウェブサイトは、インターネット上でアクセスできる、複数のウェブページから構成されるデジタルな情報リソースです。

主に、企業のコーポレートサイトやECサイトの作成になります。

Webサイトの相場は、プロジェクトの複雑さ、ページ数、機能、デザイナーや開発者のスキル、納期などによって大きく異なってきます。

  1. 小規模なWebサイト: 数ページから構成され、基本的な機能を持つ小規模なWebサイトの場合、5万円から10万円程度
  2. 中規模なWebサイト: より多くのページやカスタム機能、データベース統合を必要とする場合、10万円から30万円以上
  3. 大規模なWebサイト: 多くのページ、高度な機能、ユーザーエクスペリエンスの最適化が必要な場合、30万円以上
  4. ECサイト: オンラインショップやECプラットフォームの構築は、規模によって異なりますが、10万円から数百万円以上

Webサイトの制作時間は、1ヶ月〜3ヶ月程度と予想されます。比較的大きな仕事になるため、クライアントとの話合いを何度もおこない制作していくので時間もかかる傾向があります。

ランディングページ 

ランディングページは、ウェブマーケティングや広告活動において、特定の目的を達成するために設計された特別なウェブページのことを指します。

基本的には、1ページで完結し、視覚的な魅力をもつカラーや画像、フォントが使用されています。

ランディングページの相場は、プロジェクトの複雑さ、デザイナーのスキル、納期、要件などによって異なってきます。

  1. シンプルなランディングページ: 基本的なデザインとコンテンツが含まれる、シンプルなフォームの場合、1万円から3万円程度
  2. カスタムデザインのランディングページ: より複雑なデザイン、カスタムイラスト、アニメーション、高度なインタラクションが含まれる場合、3万円から10万円以上

制作期間は約1ヶ月程度となっています。1ヶ月の完成できれば、副業としては十分な収入になるのではないでしょうか。

副業で安定した収入を得るために必要なスキル

Webデザイナーとして副業で安定した収入を得るためには、以下のスキルが重要です。

これらのスキルを磨きながら、高品質なデザインを提供し、クライアントから信頼を得ることが大切です。

ここでは、安定した収入を得るために必要なスキルについて詳しくご紹介します。

  • デザインツール
  • HTMLとCSS
  • レスポンシブデザイン
  • ユーザーエクスペリエンス (UX)
  • コミュニケーションスキル
  • WordPress

デザインツール

副業で安定した収入を得るには、デザインツールの習得が必要不可欠です。

主なデザインツールは、Adobe社が提供しているPhotoshopとIllustratorです。両方とも有料ツールになりますが、ほとんどのWebデザイナーはこちらのツールを使用しています。

未来

これらのツールを使うことで、魅力的なデザインができるでようになりますよ。

初心者にとってPhotoshopとIllustratorは機能が多く操作が複雑に感じますが、主に使用する機能は限定されているので、難しく考える必要はありません。

HTMLとCSS

デザインを実際のウェブページに反映させるために、HTMLとCSSの基本的な知識が必要です。

HTMLはウェブページの骨格や構造を定義する言語です。HTMLを使うことで、テキスト、画像、リンク、見出し、段落などの要素をウェブページに配置できます。

CSSはウェブページのスタイルやデザインを定義するスタイルシート言語です。CSSはHTML要素に適用され、見た目やレイアウトをカスタマイズします。

未来

Webデザイナーはバナーやロゴでも収入を得ることは可能ですが、多くの収入を得たいと考えているのであればHTML ・CSSの習得は必須といえます。

レスポンシブデザイン

現代のウェブデザインでは、さまざまなデバイスや画面サイズに適応するレスポンシブデザインが不可欠です。

異なる解像度やデバイスで一貫した見栄えを保つスキルが求められます。

現代のユーザーは、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマホなど様々なデバイスで閲覧することが当たり前になりました。

未来

ユーザーが違うデバイスで見たときに、コンテンツの品質に違和感やストレスを感じないようにするためには、必要不可欠なスキルです。

ユーザーエクスペリエンス (UX)

ユーザーエクスペリエンスはウェブデザインの鍵となる要素です。ユーザーがサイトを使いやすく、効果的に目的を達成できるようなデザインを考える能力が必要です。

未来

良好なユーザエクスペリエンスは、ユーザーの満足度を向上させユーザー維持やリピーター獲得につながっていきます。

また、Googleなどの検索エンジンは、ユーザーエクスペリエンスを評価するアルゴリズムを使用しています。ユーザーフレンドリーで有用なサイトは、検索結果でのランキングが向上しやすくなる効果もあるんです。

コミュニケーションスキル

Webデザインの副業で収入を得るために、コミュニケーションスキルは非常に重要です。

未来

Webデザインの副業で成功するためには、技術的なスキルだけでなく、コミュニケーションスキルも欠かせません。

クライアントやチームとの効果的なコミュニケーションにより、プロジェクトを円滑に進め、顧客満足度を高めることができます。

また、フィートバックは自身の成長につながるので、積極的に受け入れることが重要です。

WordPress

WordPressとは、無料で利用できるオープンソースのウェブコンテンツ管理システムです。

WordPressはウェブサイトやブログを簡単に作成、管理、カスタマイズできるため、非常に人気があり、全世界で使用されています。

未来

クライアントからの依頼がWordPressということも珍しくないので、WordPressを一から立ち上げるスキルを身につけておくと収入アップにもつながりますよ。

副業での案件の取り方

Webデザインに必要なスキルを身につけたら、案件取得です。

Webデザインの副業として案件を取得する方法はいくつかあるので、分かりやすく説明します。

  • ポートフォリオの構築
  • SNSやブログの活用
  • クラウドソーシングサイトへの登録
  • 地域のビジネスとネットワーク
  • クライアントに直接アプローチ

ポートフォリオの構築

まず最初に、自分のデザインスキルをアピールするためのポートフォリオを準備しましょう。

過去のプロジェクトや作品をまとめ、クライアントに見せることができる場所を作ります。ポートフォリオは、クライアントに自分の能力を示すための重要なツールです。

SNSやブログの活用

自身のSNSアカウントやブログを活用して、自分のデザインスキルを宣伝しましょう。

定期的に自身の作品やデザインに関するコンテンツを投稿し、フォロワーを増やすことで、クライアントの目に留まる可能性が高まります。

クラウドソーシングサイトへの登録

クラウドソーシングサイト(ランサーズ、クラウドワークスなど)は、プロジェクトを外部のフリーランサーや独立した専門家にアウトソーシングするためのオンラインプラットフォームです。

まずは、いくつかのクラウドソーシングサイトに登録して案件受注にチャレンジしてみましょう。

これらのプラットフォームは、仕事を見つける手助けをしてくれますが、競争も激しいため、独自性をアピールポイントにするといいですよ。

また、最初のプロジェクトを成功させることで、クライアントから継続案件の打診の可能性もあります。

地域のビジネスとネットワーク

地域のビジネスにアプローチし、ウェブサイトのデザインやメンテナンスに関する提案をするのもおすすめです。

ビジネスイベントやネットワーキングイベントに参加することで、クライアントとの関係を築くチャンスが掴めます。

また、あなたの友人、知人、家族などのネットワークに、Webデザインの副業をしていることを知らせましょう。口コミや紹介によって案件を得ることがありますよ。

クライアントに直接アプローチ

ターゲットとなるクライアントや企業に直接連絡を取り、自分のデザインサービスを提案することも効果的です。

カスタムメールやポートフォリオを添えて、どのように役立てられるかを説明しましょう。

これらの方法を組み合わせながら、継続的に自分のプロフィールを広げていくことが重要です。信頼を築き、クライアントからの評判を高めることで、副業として安定した案件を獲得できるようになります。

まとめ:Webデザイナーは副業だと月収はどれぐらい?案件の取り方も紹介

副業Webデザイナーの月収や案件取得方法について、詳しく解説しました。

副業でどのくらい稼げるかは、案件によって大きく単価が変わります。また、人それぞれ環境が違うため副業に使える時間も違ってきます。

未来

副業を始める時点で、いくら稼ぎたいのか目標設定をすることをおすすめします。

Webデザインは、日々のスキルアップも重要ですが、クライアントとのコミュニケーションもとても重要です。長く付き合える関係構築を目指してみましょう。

本記事が、これからWebデザイナーの副業を始める方の助けになれば嬉しいです。

フリーランスの年収について気になる方はこちら!

>>>Webデザイナーの年収はフリーランスだと低い?収入をアップする方法は?

目次