\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webデザイナーは在宅だと難しい?未経験でも稼げる?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webデザイナーは在宅だと難しい?未経験でも稼げる?

Webデザイナーは在宅だと難しいのでしょうか。

近年、在宅勤務が広まる中で、Webデザイナーの在宅ワークに対する関心が高まっています。

Webデザイナーの仕事はパソコン1台あれば時間や場所にとらわれずに仕事ができるため、子育てママや在宅の介護が必要な方にとってもおすすめの職業です。

しかし、一部の人々は

  • Webデザイナーの仕事が在宅だと難しい
  • 未経験でも稼げるの?

と考えているかもしれません。

そこで今回は、在宅でのWebデザイナーの仕事の実態と、未経験者が成功するための方法について探っていきます。

目次

未経験から在宅Webデザイナーになるのは難しい?

結論から言うと、未経験から在宅Webデザイナーになることは可能です。

しかし、未経験からWebデザイナーは難しいとも言われています。

理由としては以下のような事があげられます。

  • 案件獲得が大変
  • 低単価案件ばかりで生活が苦しい
  • 継続案件が少ない

この3つは、どれも実績がないために起こることです。

未来

どんな仕事でもそうですが、やはり最初は思うように仕事が取れないし、思うように稼げません。

未経験からの在宅Webデザイナーも、適切な学習と準備、努力、自己啓発を行いながら、経験を積んでいくことで成功する可能性があります。

初めは案件獲得に苦労するかもしれませんが、持続的な学習と向上心を持ちながらスキルアップしていくことが重要です。

在宅Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事は、

  • 既存のWebサイトの更新・修正
  • バナー作成
  • WordPressを使用したWebサイト・ブログサイト作成
  • ヘッダー作成(Webサイト上部)
  • ロゴデザイン

などなど、様々な仕事があります。

今回はその中からWebサイト作成の仕事内容についてご紹介します。

STEP1:クライアントへのヒアリング

STEP2:コンセプトの策定

STEP3:ワイヤーフレーム(設計図)の作成

STEP4:デザインカンプ(デザイン案)の作成

STEP5:コーディング

STEP6:テスト

STEP7:クライアントへ納品

STEP1:クライアントへのヒアリング

まず最初に、クライアントとの打ち合わせを行います。

この打ち合わせでは、クライアントの要望や目標、予算、期限などを詳しくヒアリングし、プロジェクトの範囲や方向性を確定します。

STEP2:コンセプトの策定

打ち合わせの情報をもとに、Webサイトやウェブアプリケーションのデザインコンセプトを策定します。

これにはカラースキーム、レイアウト、ユーザーインターフェースの設計などが含まれます。

また、クライアントのブランディング要素や目的に沿ったデザインを考慮します。

STEP3:ワイヤーフレーム(設計図)の作成

コンセプトが確定したら、ワイヤーフレームを作成します。

ワイヤーフレームは、ウェブサイトの基本的なレイアウトやコンテンツ配置を示したものです。

ワイヤーフレームは、デザインの方向性をクライアントに示すための重要なツールです。

STEP4:デザインカンプ(デザイン案)の作成

ワイヤーフレームが承認されたら、具体的なデザイン作業に入ります。

デザインツールを使用して、ウェブサイトのビジュアルデザインを作成します。

これには、カラーパレット、フォントスタイル、アイコン、画像の選定などが含まれます。

デザインは、クライアントのブランドイメージや要求に合わせて行います。

STEP5:コーディング

デザインが完成したら、HTML、CSS、JavaScriptなどのウェブ技術を使用してコーディング作業に入ります。

このステップでは、デザインを実際のウェブページに変換します。

レスポンシブデザインを考慮し、様々なデバイスや画面サイズに適応するようにします。

STEP6:テスト

コーディングが完了したら、ウェブサイトのテストを行います。

ブラウザ互換性、レスポンシブ動作、リンクの正常性、フォームの機能などを確認します。

テスト中に問題が発生した場合は修正を行い、最終的な品質を確保します。

STEP7:クライアントへ納品

ウェブサイトがクライアントの満足に達したら、最終的な納品と展開を行います。

ファイルやコードをクライアントに提供し、ウェブサイトを公開する手続きを行います。

また、ドメインの設定やサーバーへのアップロードなどの作業も担当する場合があります。

また、納品後も必要に応じてメンテナンスやサポートを行います。クライアントの要望に応じてWebサイトの保守と改善をし、魅力的で使いやすいWebサイトを作り上げる役割を果たします。

在宅Webデザイナーとして稼ぐためのコツ

しっかりとした収入を稼ぐことは簡単なことではありません。

しかし、実際に在宅Webデザイナーとして高収入を得ている人もたくさんいます。

未来

Webデザイナーとして仕事をするからには在宅であれ、しっかりと稼ぎたいですよね!

こちらでは、在宅Webデザイナーとして稼ぐためのコツをひとつずつご紹介します。

  • スキルアップ
  • ポートフォリオの作成
  • コミュニケーション能力
  • ネットワーキングイベント参加
  • 品質と納期厳守

①スキルアップ

Webデザイナーになるためには、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本的なプログラミング言語やデザインツールの知識が必要です。

これらのスキルは、自己学習やオンラインの教育プラットフォームを利用して習得することができます。

時間と努力をかけて基礎を学び、実践的なプロジェクトに取り組むことで、技術的なスキルを磨くことができます。

②ポートフォリオの作成

未経験からWebデザイナーとしての仕事を得るためには、ポートフォリオが非常に重要です。

ポートフォリオは、自分のスキルやデザインのセンスを示すための実績集となります。

ポートフォリオを作成するためには、フリーランスの仕事やボランティアのプロジェクトに参加するなど、実際の経験を積む機会を探すことが重要です。

③コミュニケーション能力

Webデザインはクライアントとのコミュニケーションが不可欠です。

クライアントの要望を正確に理解し、適切な提案やフィードバックを行う必要があります。

未経験者には、コミュニケーションスキルの向上が必要となる場合があります。

④ネットワーキングイベント参加

Webデザイン業界では、コミュニティやネットワーキングが非常に重要です。

関連するオンラインフォーラムやソーシャルメディアグループに参加し、他のデザイナーや業界専門家とつながることで、学びやサポートを受けることができます。

また、Webデザイナーとしての仕事を見つけるためには、人脈を活用することも重要です。

⑤品質と納期厳守

クライアントの期待に応えるために、高品質なデザインを提供し、納期を守ることが必要です。

プロジェクト管理のスキルを磨き、効率的な作業フローを確立しましょう。

クライアントとのコミュニケーションを密に保ち、進行状況や課題について定期的に報告することで、クライアントの信頼を築くことができます。

また、修正や変更の要求に迅速かつ適切に対応することも重要です。

まとめ:Webデザイナーは在宅だと難しい?未経験でも稼げる?

今回は在宅Webデザイナーは在宅だと難しいのか紹介しました。

時間や場所に縛られることない在宅Webデザイナーの仕事はとても魅力的ですよね!

稼ぐのは簡単なことではありませんが、必要なスキル習得とポートフォリオ作成、そしてコミュニケーションスキル向上により、在宅のWebデザイナーも稼ぐことは可能です。

今回の記事が、これから在宅Webデザイナーを目指している方のお役に立てれば嬉しいです。

>>>Webデザイナーは食えない?フリーランスは厳しいという噂は本当?

目次