\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webライターは未経験40代でもなれる?稼ぐためのコツを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webライターは未経験40代でもなれる?稼ぐためのコツを紹介

Webライターは未経験40代でもなれるのでしょうか。

Webライターは人気の職業で誰でもなることができると言われていますが、

  • 40代って遅くない?
  • 未経験でも本当になれるの?
  • 40代から始めるには何をすればいいの?

など、いざWebライターを目指そうと思っても、年齢や経験を気にしてしまいますよね。

40代未経験でもWebライターにはなれるのでしょうか?

今回は、40代未経験でWebライターになるメリットとデメリット、稼ぐコツについても紹介していきます。

目次

Webライターは未経験40代でもなれる?

結論から言うと、未経験40代からでもWebライターになることは可能です。

しかし、Webライターを始めてすぐに稼ぐことは難しいので、いきなり退職はおすすめしません。

未来

未経験の人がいきなり大きく稼げるほど甘い世界ではないんです。

Webライターの仕事は、最初は低単価の案件から始めることが多く、思うように稼げないことも多いです。

まずはお小遣い稼ぎという気持ちで、副業として始めるのがおすすめです。

スキルを磨けば、長年の社会生活を活かして、きっとWebライターとして活躍することができますよ。

40代でWebライターを始めるメリット・デメリット

ここでは40代でWebライターを始めるメリットとデメリットを紹介していきます。

40代でWebライターを始めるデメリット

まずは、40代でWebライターを始めるデメリットから紹介します!

  • 競争が激しい
  • 単価が安い
  • 常にスキルアップは必要

1つずつ詳しく紹介しますね。

①競争が激しい

Webライターの仕事は需要がありますが、エンジニアやデザイナーと比べると参入しやすい仕事です。

そのため、ライターも多く存在しているので競争が激しい業界です。

特に40代未経験のWebライターは若いWebライターとの差別化が重要となってきます。

②単価が安い

未経験の場合、単価が安いため、経験を積むまで安定した収入を得ることは難しくなります。

1記事書いても数百円ということもザラにあります。この状態が続くと挫折してしまいますが、スキルを磨いていくことで、クライアントに単価アップの交渉ができるようになりますよ。

未来

まずは自分の得意分野で実績を積み上げることをおすすめします。

ジャンルを絞って経験を積むことでWebライターとしての価値が高まりますよ。

③常にスキルアップは必要

Webライターは誰でもなれる職業と言われていますが、誰でもできるからこそスキルで差をつけることが重要です。

スキルが高いライターのもとには多くの仕事の依頼がきて、単価アップも見込まれますが、そうでないライターは単価は低いままになり意識も低いままになってしまいます。

プロのクリエイターとしてWebライターという職業を選ぶのなら、「職業として成立させる」というラインを保たなければなりません

未来

プロ意識を持って仕事をするには、スキルアップはなくてはならないものです。

40代でWebライターを始めるメリット

続いて、40代でWebライターを始めるメリットを紹介します。

  • 経験を活かせる
  • 時間と場所の自由が手に入る
  • 特別な資格が必要ない

1つずつ詳しく紹介しますね。

①経験を活かせる

40代ですと、これまでの仕事やプライベートなどで経験したことを大いに活かすことができます。

つまり、Webライターは年齢を重ねて色々と経験していることが武器になる職業なんです。

未来

今まで携わっていた業種の記事でしたら、未経験でも案件獲得も可能です!

自分の本業に30年近く打ち込んできたきた経験は、他のWebライターとの圧倒的な差別化になります。

②時間と場所の自由が手に入る

Webライターになると、会社勤めとは違い自分で時間を管理できるため時間と場所が自由になります。

会社員のように時間で働くことはないので、自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができます。

未来

通勤というストレスもなくなり、お気に入りのカフェや旅をしながら執筆をすることも可能です。

また、家庭がある人は、家族旅行や子供の行事に参加するなど、家族との時間を大切にすることもできますよ。

③特別な資格が必要ない

40代からWebライターになるのは遅いのではないかと不安になる人もいると思いますが、Webライターは特別な資格は必要ないため、誰でもなれる職業です。

必要なのは、Webライターになりたいと思う気持ちと行動力です。

そして正確な情報収集やSEOを学ぶことで、自分の経験を大いに活かすことができます。

Webライター未経験40代で稼ぐコツ

ここでは40代未経験でWebライターとして稼ぐコツについてご紹介します。

デメリットになることも稼ぐコツを掴むことで、解消されていきますよ。

  • 基礎知識を学ぶ
  • 指摘を素直に受け止める
  • 得意ジャンルを見つける
  • SNSを使って交流を深める

1つずつ詳しく紹介しますね。

①基礎知識を学ぶ

Webライターの基礎知識を学び、SEOやコンテンツマーケティングについても理解することで、単価アップや継続案件獲得ができるようになります。

インターネット上には無数の情報や、無料で学べるオンラインコンテンツも数多く存在しています。

自分に合った学習方法を見つけて知識を広げていきましょう。

②指摘を素直に受け止める

40代からWebライターを始めると、クライアントが年下になることも多いです。

年下から教わったり指摘を受けることに抵抗がある方もいると思います。

しかし、年下でもWebライターとしての経験は先輩ですので、素直に受け入れることで自分の能力向上につなげることができます。

③得意ジャンルを見つける

Webライティングには、様々なジャンルの募集があります。

40代ともなると社会での経験も豊富なので得意とするジャンルに絞って勝負するのがおすすめです。

自分の得意ジャンルに絞って仕事を受けると、リサーチ時間の短縮や文字単価アップ、ライバルとの差別化もできるので、かなり稼ぎやすくなります。

④SNSを使って交流を深める

SNSで自分が何者でどういったことをしているか発信していくことで、ライティングスキルをアピールするなど、そこから案件の依頼が舞い込んでくることもあります。

またSNSをポートフォリオとして活用すれば、クライアントに信頼感を与えることができ、案件の受注もしやすくなりますよ。

まとめ:Webライターは未経験40代でもなれる?稼ぐためのコツを紹介

Webライターは未経験40代でもなれるのか紹介しました。

40代は社会での経験が豊富ですので、必ずWebライターで今までの経験を活かすことができます。

未来

ですので、決して40代未経験でのWebライターも遅くはありません。

また、場所や時間にとらわれることなく、自由に仕事をすることができたら、きっと自分らしく生きることができて楽しくなるはずですよ♪

>>>Webライターに向いている人向いていない人の特徴を知りたい方はコチラ

目次