\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Webライターの始め方は?未経験からでも稼ぐコツを紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webライターの始め方は?未経験からでも稼ぐコツを紹介!

Webライターの始め方について紹介します。

Webライターになりたいけど、

  • 何から始めればいいの?
  • 本当に稼げるのかな?

なんていう疑問も出てくると思います。

Webライターは誰でも始められる人気の仕事ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

未来

デメリットも知っておくことで、挫折しないでWebライターを続けることができますよ。

今回は、未経験Webライターの始め方や稼ぐコツ、Webライターのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

目次

Webライターの始め方

Webライターになるためには、まず何から始めたらいいのでしょうか。

こちらではWebライターの始め方を5ステップでご紹介します。

  • ステップ1:必要なものを揃える
  • ステップ2:ブログを作る
  • ステップ3:クラウドソーシングサイトに登録する
  • ステップ4:案件に応募する
  • ステップ5:ライティング案件を受注する

それでは1つずつ見ていきましょう!

ステップ1:必要なものを揃える

まずはWebライターを始めるためのアイテムを揃えましょう。Webライターに必要な最低限のアイテムは、以下の2つです。

  • インターネット環境
  • パソコン

Webライターの仕事は、インターネット上で完結できるものがほとんどです。ですので、ネット環境がないと仕事ができません

また、執筆はスマホでもできますが、パソコンの方が効率が上がるので、本気でWebライターとして仕事を始めるのであればパソコンを用意した方がいいでしょう。

ステップ2:ブログを作る

クライアントにどのような文章が書けるのか知ってもらうためにも、ポートフォリオとして自身のブログを開設するのがおすすめです!

また、ブログを見た人から、突然仕事の依頼がくることも考えられるので、Webライターにはブログが重要となります。

ステップ3:クラウドソーシングサイトに登録する

自分のブログを開設したら、クラウドソーシングサイトに登録をしましょう。

クラウドソーシングとは、オンライン上で不特定多数のユーザーに仕事の依頼ができるサービスです。仕事を受注したいクライアントと仕事が欲しい受注者のマッチングサイトのようなものです。

登録にあたり、プロフィールはできるだけ詳しく書き、プロフィール画像は信頼できるような顔写真が好ましいですが、難しい場合はイラストでもOKです。ただし顔のあるイラストがおすすめです。

また、未経験者はもちろん実績もありません。プロフィールにはブログのURLを添付するなどして有すると良いですよ。

ステップ4:案件に応募する

プロフィールが一通り埋められたら、さっそく案件に応募しましょう。

Webライターの案件は数多くありますが、未経験者はまず、「初心者OK」など未経験でもできるような案件からスタートしましょう。

案件に応募する際は、クライアントに提案文を提出し、応募した理由や、クライアントに提案できるメリットなどを分かりやすく伝えることが重要です。

最初は応募してもなかなか案件獲得できなかったり、お断りされたりなどして落ち込むこともありますが、そこで諦めず継続して同時に複数の案件に応募していくことで必ず案件獲得することができますよ。

ステップ5:ライティング案件を受注する

辛抱強く応募し続けると、いつか必ず案件を受注することができます。

クライアントから依頼されたら、依頼内容の詳細が開示されるので、詳細を確認し、案件を受注しても問題ない案件か検討しましょう。

確認ポイントは以下の通りです。

  • 執筆内容
  • 掲載場所
  • ターゲット層
  • 記事の納品方法
  • 報酬額や支払い方法
  • 納期

不明な点がある場合は、事前にクライアントに確認しておき、案件内容に不安があるときは契約前にお断りしましょう。

やっと受注できた案件を断るのはもったないと思って無理して執筆して苦しい思いをするのは自分です。

クライアントにも迷惑をかけることになるので、断ることも時と場合には必要なことです。

未経験からでもWebライターで稼ぐコツ

ここでは、未経験からでもWebライターで稼ぐコツについてご紹介します。

未来

コツを知っておくことで、未経験でも案件獲得や継続案件の獲得が可能になりますよ。

  1. 納期を守る
  2. 報連相を怠らない
  3. 勝手に判断しない
  4. スキルを身につける
  5. フィードバックを真摯に受け止める

1つずつ詳しく紹介しますね。

①納期を守る

納期を守ることは仕事をする上で当然のルールです。

未来

案件に応募する際は、納期の余裕のある案件を選ぶなどして、工夫していきましょう。

また納期が未定になっている案件は事前にクライアントに確認しておきましょう。

②報連相を怠らない

報連相も仕事をする上で当然のルールです。

クラウドワークスでの案件は、クライアントとは主にクラウドソーシングサイト上でのメッセージのやりとりになるので、クライアントには私たちの今の状況などは見えません。

報連相をしっかりおこなうことで、クライアントからの信頼を勝ち取ることができます。

③勝手に判断しない

執筆を進めていく中で、疑問が生じることもあると思います。そんな時に、自分の中で勝手に解釈してそのまま納品してしまうと、クライアントから修正が入ることもあります。

そうなると、納品が遅くなり、クライアントに迷惑をかけることになるので、クライアントの意図を正しく汲み取るためにも、指示を勝手に判断せず、疑問に思ったことは相談するようにしましょう。

④スキルを身につける

未経験時のWebライターの単価は安くて驚きますが、スキルを身につけることで単価も高くなっていきます。

Webライターには、文章力の他に、リサーチ力やコミュニケーションスキル、SEOの知識等のスキルが求められます。

これらのスキルを身に付けることで、クライアントから信頼されるWebライターになることができます。

⑤フィードバックを真摯に受け止める

納品した記事についてクライアントから改善点などのフィードバックをうけることがあります。

ときには人からの指摘を素直に受け入れることができない場合もありますが、客観的に見た文章の構成や読みやすさというのは自分では気付けないこともあります。

フィードバックは真摯に受け止めるようにしましょう。

Webライターを始めるメリット・デメリット

ここでは、Webライターを始めるメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

デメリットも知っておくことで、挫折しないで続けることができますよ。

Webライターを始めるデメリット

まずはWebライターを始めるデメリットから紹介します!

  1. 何度も応募で落とされる
  2. 単価が安い
  3. 自分を甘やかすと収入につながらない
  4. 常にスキルを磨く必要がある

1つずつ詳しく紹介しますね。

①何度も応募で落とされる

Webライター初心者は、応募しても採用されずに苦労すると言われています。

未経験から始めると、大体20〜30件応募して1件案件が獲得できるくらいです。

未来

仕事獲得のためにも、SNSやブログなどで発信してそれを実績として活用するのもおすすめです。

応募時に、SNSやブログのURLを添付してクライアントに信頼してもらうのも一つの手です。

また自分の得意な分野に応募するなど、クライアントにアピールできるほうが、採用されやすくなりますよ。

②単価が安い

Webライターは、文字単価と呼ばれる1文字◯円という働き方が多いです。

初心者の場合、この文字単価が低いため、1円以下の案件も珍しくありません。

超低単価案件になると10,000文字書いても1,000円以下の報酬しか得られない場合もあります。

③自分を甘やかすと収入につながらない

Webライターは会社員と違って、休もうと思えばいつでも休めてしまいますが、休むとその分収入が減ってしまいます。

未来

毎月一定の収入を得たいと考えているのであれば、目標を設定して自分を奮い立たせる必要があります。

Webライターは労働収入型の職業です。

「経済的自由を手にれたい」「少ない労働で収入を得たい」と考えているのであれば、ブログでアフェリエイトやWebライターの外注化などお金を生み出す仕組みを作りましょう。

④常にスキルを磨く必要がある

Webライターは、常に努力してスキル向上に努める必要があります。

未来

努力を怠ると、高単価案件の獲得や案件継続も難しくなってしまいます。

スキルを磨けば文字や言葉にあらわれ説得力も増します。

収入アップやWebライターとしてのステップアップを考えているのであれば、常にスキル向上を意識しましょう。

Webライターを始めるメリット

続いて、Webライターを始めるメリットを紹介します。

  1. 誰でも始められる
  2. 時間と場所を自由に選べる
  3. ストレスがない
  4. 知識とスキルが身に付く
  5. 自分次第で高収入は得られる

1つずつ詳しく紹介しますね。

①誰でも始められる

Webライターは、経験や資格がなくても始められます。

プログラマーやWebデザイナーは、ある程度時間をかけてスキルを身に付ける必要がありますが、Webライターはその必要はありません!

義務教育レベルの文章力があれば年齢や性別関係なく始めることができますし、案件受注も可能です。

②時間と場所を自由に選べる

Webライターは、働く場所や時間に縛られることがなく自由に働くことが可能です。

毎朝、満員電車に乗って通勤することもなく、自宅や自分のくつろげる場所で仕事をすることができます。

またWebライターはパソコンがあれば仕事ができるので、田舎や海外に移住したり、旅行しながらでも仕事ができます。

場所と時間にとらわれることがなく働けるWebライターの大きな魅力の一つです。

③ストレスがない

クライアントとのコミュニケーションは主にメールやチャット等でのやり取りになります。

未来

電話や直接対面することはないため、ストレスを感じることはあまりありません。

クライアントとの相性が悪いこともありますが、その場合は気持ちを切り替えて別に案件の受注を考えましょう。

④知識とスキルが身に付く

Webライターを始めると、さまざまなスキルと知識を身に付けることができます

文章をたくさん書くことによって文章力が上がり、分かりやすい文章が書けるようになったり、交渉能力や提案能力も自然と向上していきます。

またWebライターの仕事をしていくうえで、SEOスキルやWebマーケティングスキルなどがあると、高収入や独立も可能になり、あらゆるビジネスに対応できるようになります。

⑤自分次第で高収入は得られる

Webライターの仕事は会社員と違い固定給ではないので、自分の頑張り次第では高収入が可能です。

未来

月数十万や100万円の高収入を得ることも夢ではありません。

初心者だから自信がないという思い込みを捨てて、積極的に高単価案件に挑戦してみましょう。

それには、スキルを磨き、単価を上げ、クライアントに信頼されるようになることが大事です。

まとめ:Webライターの始め方は?未経験からでも稼ぐコツを紹介!

Webライターの始め方から稼ぐコツ、メリットやデメリットについてご紹介しました。

Webライターは未経験でも始めやすい業種ですが、スキルを磨かないといつまでも単価の低い案件しか獲得できません。

未来

でもスキルを磨いて、執筆を続けていくことで必ず高単価案件も獲得可能になります。

Webライターはデメリットだけではなくメリットもたくさんある魅力的な仕事です。

自由を満喫しながらWebライターとして活躍することも夢ではありません。

Webライターはリスクゼロで始められるので、まずは行動してみましょう。

Webライターのスキルを磨くならオンラインスクールの利用もおすすめですよ!

Webライターとしてのスキルだけでなく、案件の獲得方法も学べるスクールもあるので、そういったスクールを選ぶと将来安心です♪

Webライターとしてスキルアップしたい方はこちら!

>>>Webライターのオンラインスクールおすすめ5選を徹底比較!

目次